妊娠中、ローズヒップティーは飲めない?

妊娠中の水分は赤ちゃんの羊水となるため、水分摂取はとても大切になります。
 
またお腹の赤ちゃんの成長には、鉄分・カルシウム・ミネラルが必要です。
 
水分と栄養を同時にとるのにおすすめなのがハーブティー。
 
プレママさんはカフェインが含んでないものを選びたいですね。

 
飲むサプリと言われている「ローズヒップティーは」妊娠中にも飲めるのでしょうか?

結論から言いますと、妊娠中でもローズヒップティーは飲めます!
 
この記事では、妊婦さんがローズヒップに飲むメリット・デメリットについてお話しします。
 
また、ローズヒップを美味しく飲む方法などをお伝えします。
 

■ローズヒップティーは妊娠中に飲んでいい?

 
ローズヒップティーはノンカフェインです。
 
また、子宮の収縮作用もありません。
 
妊娠中でも気にする事なく、美味しく飲む事ができるハーブティーです。
 

■ローズヒップの栄養成分が凄い!

 
ローズヒップティーは、ビタミンCの含有量が多く、レモンの20倍以上と言われています。

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要となるため、妊娠中の肌荒れ予防としても良いですね。
 
またビタミンCで元気なカラダを保てます。
 
そして、ビタミンC以外にも、こんなに栄養成分が詰まったハーブティなんです!
 

<ローズヒップに含まれる栄養成分>

・ビタミンA ・ビタミンE・ビタミンB6
・鉄分 ・βカロチン ・マグネシウム
・亜鉛 ・カルシウム ・リコピン
・ナトリウム ・カリウム ・ 食物繊維
妊娠中に必要な成分もしっかり入っていますね。
 
 

■妊婦さんがローズヒップティーを飲むデメリット

 
ファミレスのドリンクバーで見かけるローズヒップティーは、ピンク色をしているものがあります。

でも、実は、あのピンク色の招待はハイビスカス。
 
ローズヒップティーと言っておきながら、ハイビスカスがブレンドされている物が多いのです。

(ハイビスカスをブレンドすると色が綺麗になるからです)
 
 
実はこのハイビスカスは、月経刺激効果があると言われています。
 
妊婦さんはハイビスカスの含まれていないローズヒップを選ぶのがオススメです。
 

ローズヒップの酸っぱさ、驚きの真実

 
ネットでローズヒップについて検索すると、
 
「ローズヒップティー マズイ」
「ローズヒップティー 酸っぱい」
「ローズヒップティー 続かない」
 
などの声が散見されます。
 
実はローズヒップは他のハーブティーと違う部分があります。
 
それは、「味が出る部分」
 
他のハーブティーが葉っぱから味を出す一方、ローズヒップは実から味を抽出するのです。
 
そのため、ローズヒップティーが他のハーブティーと比べて味も色も出にくいのです。
 

■ローズヒップティーを美味しく飲むには?

 
ハチミツやジャムを加える方法もあります。
でも、妊娠中は余分な糖分を抑えたい時期ですよね。
 
実は、糖分を加えず、ローズヒップの甘みを増す方法があります。
 
それは、実を一度フライパンで焙煎すること。
 
お茶やコーヒー豆も焙煎することで香りが引き立ちますよね。
 
ローズヒップティーもこの一手間でとても美味しくなります。
 
ただし、すぐに焦げてしまうので、少量ずつ慎重に焙煎してくださいね。
 

■ローズヒップの意外な取り入れ方

 
ローズヒップを焙煎した実は、そのまま食べる事もできます。

栄養価が高いので、オススメです。

ヨーグルトなどにトッピングしてもポリポリとした食感も楽しいです。
 

■まとめ

 
ローズヒップティーは妊娠中だけでなく、産後や小さなお子さんも飲む事ができる嬉しいハーブティーです。

冷たくしても温めても飲めるので、妊娠中のライフスタイルにピッタリですね。

最初のコメントをしよう

必須