1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. コンセントカバーで赤ちゃんの安全を

コンセントカバーで赤ちゃんの安全を

赤ちゃんはハイハイがスタートしたと同時に一気に行動範囲が広がり、あらゆるものに興味を示します。

そんな時、特に危険を感じるのがコンセント。

 

コンセントの内部はプラグを差し込んだときに電気が流れるような仕組みになっています。

赤ちゃんのよだれで濡れた小さな指がコンセントの内部に入ったら大変です!

早ければ生後5カ月にハイハイを始める赤ちゃんも少なくないので、早めに準備しておくと安心です。

 

 

また、もう少し成長した子供が、好奇心でスプーンやハサミなどの金属をコンセントに入れてしまう危険性も。

そこで今回は、赤ちゃん用コンセントカバーの選び方と、人気のおすすめの商品を11点ご紹介します。

 

コンセントカバーは2種類あります

・キャップタイプ

使っていないコンセント口に直接キャップを挿して、感電やホコリ・湿気が入るのを防ぎます。

取れやすいものだと、赤ちゃんが誤飲する可能性があるので、外れにくいものを選びましょう。

また、赤ちゃんの握力では外せなくても、ある程度成長すると取り外してしまうので、次に紹介するフルカバータイプの方がおすすめです。

 

・フルカバータイプ

壁に設置されているコンセントをすっぽり覆うタイプ。コンセントを挿したまま使え、コードも通すことができるので使い勝手が良いです。赤ちゃんが簡単に開けない仕掛けも施されているので、安心感があります。

ただしネジで取りつけるタイプもあるので、壁に傷をつけたくない方には不向きかも知れません。

頻繁に使うコンセントかどうかで、2タイプのうちどちらを使うか判断しましょう。頻繁に使うものは、挿したままでもOKなフルカバータイプ、延長コードや使っていないコンセント口にキャップタイプがおすすめです。

 

コンセントカバーを選ぶ2つのポイント

・部屋のコンセントの数を確認

部屋を見回すと、案外コンセント口が多いことに驚くかもしれません。

特に赤ちゃんが過ごすことの多い部屋は、注意深くチェックしましょう。

数を確認して、ばら売りを買うべきか、セット売りを買うべきかも調べましょう。

 

・デザインを確認

コンセントカバーには、様々なデザインがあります。

機能をチェックしたうえで、部屋に合ったものを選びましょう。

あまりに目を引く色やデザインだと、逆に赤ちゃんが気になる可能性もあるので、透明や白などシンプルな方が安心と言う意見もあります。

また、フルカバーの場合、購入したカバーが合わないということがないように、購入前に改めて自宅のコンセントの周りの形を確認しておくようにしましょう。

 

人気のある赤ちゃんのためのコンセントカバー

人気の高いおすすめのコンセントカバーをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

・リッチェル Richell ベビーガード コンセントフルカバー2連R

おすすめポイント
すっきりとした形の2連用です。
取り付けも元のコンセントカバーを外してネジ留めをするだけなので簡単です。

価格:¥ 684から
サイズ:19.2 x 13.3 x 7.5 cm
素材:カバー・ベース・キャップ:ABS樹脂、 ネジ:スチール

画像出典:Amazon

 

・リッチェル Richell ベビーガード コンセントフルカバー R

おすすめポイント
一般的な二口のカバーです。
隙間ができず、固いので、安心できます。

価格:¥ 488から
サイズ:7×6.5×12(cm)
素材:カバー・ベース・キャップ:ABS樹脂、 ネジ:スチール

画像出典:Amazon

 

・ELPA 安全コンセントキャップ ホワイト AN-101B(W)


おすすめポイント
アマゾンの評価が非常に高く、外れにくいです。
日本製でデザインもシンプルです。

価格:¥ 305から
個数:6個入り
画像出典:Amazon

 

 

・リッチェル Richell ベビーガード コンセントキャップ R


おすすめポイント
大量に入っているので、まとめ買いにおすすめです。
少し差し込みにくいですが、安くて、外れにくいので安心です。

価格:¥ 390から
個数:12個入り
画像出典:Amazon

 

タコ足配線タップの場合は、タップごとケースに入れると安心です。

・イノマタ化学 テーブルタップボックス ブラック Lサイズ

おすすめポイント
安くて、アマゾンの評価が高い商品です。

価格:¥1,071から
サイズ:39×15.6×12.9cm
素材:スチロール樹脂、エストラマー樹脂
原産国:日本
収納できるテーブルタップの目安: 長さ37cmまで

※発熱するコンセントは危ないのでご注意ください。
画像出典:Amazon

まとめ

コンセントカバーを用意して、赤ちゃんに安全な空間を作りましょう。

ハイハイする時期の赤ちゃんは、触ったり、なめたりして確認するのが楽しい時期です。

コンセント、コンセントタップは部屋に必ずあるので、早めに場所をチェックして、カバーを用意しておくのがおすすめですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

こそだて研究室|こだわり家族を応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

こそだて研究室|こだわり家族を応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

こそ研 ゆーみん

こそ研 ゆーみん

慶應義塾大学教育学専攻卒業。現在は児童支援員として、子どもの成長について勉強しています。学んだことを記事にして、多くのママ・パパのお役に立てたら嬉しいです。

この記事を読んだ方におすすめ

  • 子どもが伸びる「手づかみ食べ」いつから始めればいい!? うれしい効果と注意点

  • 離乳食にブレンダーは必要?選ぶ基準や簡単レシピをご紹介

  • お食い初め・百日祝いの正式なやり方は?簡単にできるおすすめ方法 

  • 赤ちゃんが粉薬を飲まない!子育て博士が教える薬の飲ませ方

  • ウンチの臭いに!試して分かったオススメ商品と裏ワザ

  • 赤ちゃんの鼻水吸引、正しい対処方法は?