1. TOP
  2. こづレジャー
  3. デザインあ展は子どもも楽しい!混雑状況やチケットを安く買う方法

デザインあ展は子どもも楽しい!混雑状況やチケットを安く買う方法

子どもも大人もデザインの面白さに触れられる「デザインあ展」。人気テレビ番組「デザインあ」の世界観を存分に楽しめ、日常の何気ないものからデザインの面白さを発見することができます。番組を見たことのない人にもおすすめです。

授乳室やベビーカー用のスロープがあるデザインあ展は親子にもってこいです。2018年10月18日まで開催されているので、行こうか悩んでいるママ・パパのご参考になればと思います。

デザインあ展の詳細

場所:日本科学未来館
開館時間:10:00ー17:00
※入場は閉館時間の30分前まで。
※土曜、祝前日は20:00まで開館
(常設展は17:00に終了)
休館日:10月2日,9日,16日(火)

 

チケットを安く手に入れる方法は?

デザインあ展のチケット料金

大人(19歳以上) 1,600円
中人(小学生~18歳以下) 1,000円
小人(3歳~小学生未満) 500円

デザインあ展は7月まで前売り券が安く販売されていましたが、残念ながら現在クーポンなどはありません。ただし日本科学未来館の年間パスポートを買えばお安くすみます。常設の展示も面白いのでご近所にお住いの親子にはおすすめです。

土日祝日は整理券制度に注意

休日のデザインあ展は混雑するため、入場時間を指定した整理券が配られます。

整理券をうけとってから、入場時刻まで数時間かかる場合があり、9月には4時間半待ちの日曜日がありました。

しかし、ずっと並ぶ必要がないので、整理券のシステムはお子さま連れに優しいですよね。日本科学未来館に着いたら、まず整理券をゲットして、そのあと他の階で行われている常設展や、テレコムセンターの展望台に行くのがおすすめです。

日本科学未来館で子連れに人気スポット

子どもの「考える力」を楽しみながら伸ばすようなイベント会場もあります。

おやっこひろばの詳細を見る

 

デザインあ展のランチにおすすめ

日本科学未来館の7Fにある展望レストランはおすすめです。地球まんなどの名物があったり、だしバー、醤油バーと魅力的です。

値段が700円からとリーズナブルな設定も人気のポイントです。

また5Fにもカフェがあり、一息したい親子にぴったりです。

ただし、授乳室が近くにあり、赤ちゃん連れで激混みです。ピーク時は注文するのに20〜30分待つことも。

未来館から徒歩圏内にある他のお店でおすすめなのが「ザ キャンティーン

画像出典:ぐるなび

テラス席があり、店員さんも優しい雰囲気なので、子連れランチにはおすすめです。

また1階には持ち込んだお弁当類を取れるお部屋もあるので、持参していくというのも1つの手段です。

デザインあ展の5つの混雑回避術

①土日祝日は、極力午前中に行く

→午後15時以降~閉館時まで混雑し続けます。

②チケットは事前にコンビニ等で購入しておく

→チケットブースは最大数十分並ぶ可能性があります。
チケットの購入方法を見る

③極力公共交通機関で行く

→土日祝日は、近隣のコインパーキングは終日全滅になります。また休日はお台場でイベントが開催されるので、自家用車での来場はおすすめできません。

④SNS映え「梅干しの気持ち」は並ぶので注意

デザインあ展は入場制限があるので不快すぎるほど混雑することはありません。しかし会場入口前に設置された作品「梅干しのきもち」はいつも混雑しています。巨大なお弁当箱の中に入り込んで、梅干しの視点から世界を観てみるという面白い体験型展示ですが、一人ひとり並んで順番に体験するので、1時間待ちのことも。写真を撮りたい場合はなるべく早めの時間の整理券をゲットすることがおすすめです。

⑤体験ゾーンでは子供の後ろに並ぶ

あとで詳しく紹介する体験コーナー「デッサンあ」では、子供のお客さんの後ろに並ぶことをおすすめします。かなり真剣にデッサンする大人もいるので、その後ろに並んでしまうとなかなか描く順番が回ってきません。子供は比較的はやく順番を回してくれるので、子供の後ろに並ぶのがおすすめです。

 

デザインあ展in TOKYOの雰囲気【ネタバレあり】

会場の内容をお伝えしていきます。
基本的に会場内は撮影OKでした。
ネタバレを見たくない方は飛ばしてくださいね。

デザインあ展は「観察の部屋」「体感の部屋」「観念の部屋」の3つのフロアに分かれており、遊べる体験コーナーを含めた様々な展示物があります。それぞれ印象的だった作品を一部紹介させて頂きます。

観察のへや

各たまご料理の過程が模型となっていました。ゆで卵の沸騰を表現している模型の気泡が絶妙でした。こちらは触れるのは禁止ですが、つい触りたくなってしまいます。

 

体感のへや

これぞデザインあ!というような視覚・聴覚から楽しめる部屋です。お客さんみんなで笑ってしまう内容でお子さま連れも楽しめます。

概念の部屋

トイレを長くしてみる「ト~~~イレ」など、身近なものの空間や時間・仕組みが変わった面白い世界が現れます。

体験コーナー

デッサンあ

上記にもあった体験コーナー「デッサンあ」です。こちらでは自分が描いた絵がその場でスクリーンに映され、子供も大人も和気あいあい。真剣に描く大人も多いので、そういう人の列で順番を待つのは控えた方が時短です。

まとめ

デザインあ展では、「あ!」という発見を通して、子どもも大人も一緒に、デザインを楽しく感じることが出来ます。大人だけでなく子供も「自分で見て」「自分で考える」ことが自然にできてしまう展示なので、子供の成長にいい創造的空間です。子供との素敵な時間にお役に立てれ嬉しいです。

イベント詳細
デザインあ展 in TOKYO
開催期間2018年7月19日(木) ~ 2018年10月18日(木)

開催場所
日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)
アクセス
・ゆりかもめ「船の科学館」駅 徒歩約5分
・ゆりかもめ「テレコムセンター」駅 徒歩約4分
・りんかい線「東京テレポート」駅 徒歩約15分

料金
・大人(19歳以上):1,600円
・中人(小学生〜18歳以下):1,000円
・小人(3歳〜小学生未満):500円

駐車場
175台(車高2.1m以下、7:00〜23:00 )
1時間:400円、当日1日最大:1,500円

主催者名
日本科学未来館、NHK、NHKエデュケーショナル、NHKプロモーション
問い合わせ
TEL:03-3570-9151(日本科学未来館)

\ SNSでシェアしよう! /

こそだて研究室|こだわり家族を応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

こそだて研究室|こだわり家族を応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

こそ研 ゆーみん

こそ研 ゆーみん

慶應義塾大学教育学専攻卒業。現在は児童支援員として、子どもの成長について勉強しています。学んだことを記事にして、多くのママ・パパのお役に立てたら嬉しいです。

この記事を読んだ方におすすめ

  • 子連れジブリ美術館を楽しむ13のポイントをご紹介

  • 代官山で子供とハンバーガーなら『GRILL BURGER CLUB SASA』

  • 子連れでも平気?ベイビーキングキッチン徹底レポート

  • 二子玉川で子連れレストランなら「BUFFET THE VILLA」